エギング・ジギング・シーバス・釣りのこといろいろ釣り一色

つりいろ-つりIRO

エギング

タカミヤ REALMETHOD EGING-GR(2)って、コスパ抜群でおススメです

更新日:

※2019年6月追記・更新:エギングGRはもう販売おらず、よりパワーアップした エギングGR2が販売されています。

 

こんにちは。

皆さんは、エギングロッドは何を使っていますか??

ダイワのエメラルダス、シマノのセフィア、メジャクラですか?

ヤマガブランクスとかブリーデンとかも人気ですよね。

 

高いロッドは感度とか軽量化とかいろんな面で優秀なので、「あーこれ欲しいなぁ。」と思いながらHPとかカタログを見てます。

でも、ロッドに多くのお金をかけられないのが我が家の現状(泣)。

 

そこで、1万ちょっとで買えるロッドの中で、コスパがいいロッドを探し求めたのです。

それで、自分なりにいきついたのが、

 

タカミヤのリアルメソッドのエギングGRです。

 

これ、結構いいロッドなんですよ。今日はこのロッドに関する記事です。

 

そもそも私は、バスロッドでエギングをしていたんです(笑)

アブガルシアのホーネットスティンガーっていうロッドで。バイクで移動することも多かったので4ピースの物を使っていたわけです。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-664L MGS バス釣り 釣り竿

 

バスロッドでエギングって結構大変そうなイメージがあると思うんですが、そうでもないんです。

短いから、アクションが小さめになってスレイカには効くし、とにかく軽いし。

 

ですが、やはり、飛距離の面や、大型のイカがかかったときのパワー不足などからエギングロッドがいいなと思い、エギングを始めてしばらくしてから買いました。

いろんなメーカーの物をみたり触ったりしてどれがいいか悩みぬいた結果、タカミヤのリアルメソッドエギングGRにしたんです。

 

 

タカミヤ・リアルメソッドエギングGR(REALMETHOD EGING−GR)のコスパは素晴らしい

 

なぜこのロッドにしたか。。。。それはコスパが抜群にいいからです。

 

まず、さお先が柔らかすぎないのでキャストがとてもしやすくアクションもつけやすい

そして、そこそこ軽い。長時間しゃくっていてもそんなに疲れないです。

 

友人達のいろんなメーカーさんのロッド(同価格帯のもの)を使わしてもらいましたが、一番扱いやすく感じました。

 

↓はエギングGR2です。よりパワーアップしたモデルになります。

 

 

しかも、このGRシリーズは、CROSSKNOT(クロスノット)仕様といって、ロッドにカーボンテープを斜めに巻くことで、ねじれなどに非常に強く、耐久性だけでなく、抜群の粘りと調子を出す事ができるんだそうです。

 

そして、このクロスノットの見た目がカッコいい!!!

価格は一万4000円ほど。最近は1万円近くまで値下げするときも。もちろんガイドはすべてFujiのSICガイド搭載

(これと同等のスペックのものを他のメーカーさんで買おうとすると価格は二倍以上になるんだとか。)

↓↓は私が持っているエギングGRです。今はよりパワーアップしたエギングGR2が発売中です。

画像元:https://www.takamiya.co.jp/ebase/product4996774096492.html

 

 

 

そして何より耐久性がすばらしい

エギングロッドのレビューなどを見ていると、折れたとか割れたという意見を目にすることがよくあります。

私は物の扱いが雑で、よくぶつけたり落とすんで、なるべく丈夫なロッドを探していました。

このEGING−GRは何回も強くぶつけたり(泣)、落としたりしてるんですが、無事です(笑)。

 

この前釣りにいったときに、車の運転席がなんか狭く感じたので、シートを後ろに下げたんですよ。

そしたら、、、、バキッ って音が。。。。

そのときは、なんか当たったのかなって楽観的な見方をしていたんですが、いざ釣りをしようと思ってロッドを触ってみると・・・

やっちゃってましたー。エギングGR負傷させてしまったんです。

 

 

写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、ちょっと割れてつぶれてしまったんです。。。

ここがつぶれたせいで、ロッドを繋ごうとしても入らなくて苦労しました。なんとかつぶれを力づくで直し繋ぎました。

 

かなりショックだったんですが、すごいのは、このまま使い続けているものの、一切トラブルなく、割れが広がることなく使えていることです。

本当にびっくりするほど丈夫です。すごいですよね。(この損傷部分を見るたび、毎回ひやひやしますが(笑))

フルキャストしても大丈夫です。

 

このロッドはパワーもあって、50センチほどのシーバスをかけたときも難なくランディングできました。シーバスロッドのようにも使えます。

 

 

もちろん、感度や軽さなどは何万円もするロッドにはかなわないと思います。

でも、ロッドにそこまでお金をかけたくない方や、エギングを始めたばかりの方、丈夫なロッドを探している方にはかなりおすすめです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-エギング

Copyright© つりいろ-つりIRO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.