エギング・ジギング・シーバス・釣りのこといろいろ釣り一色

つりいろ-つりIRO

エギング ルアー釣り

釣りに必要なヘッドライトとは何か分析してみた

更新日:

こんにちは。

最近、アジングに数回行くも撃沈です。しかもアジングのワームが沢山入ったボックスを落としてしまうという大失態。

何時間探すも見つかりませんでした(泣)

もうアジングやめようかな(泣)。誰かアジング教えてほしい。

 

さて、今日のテーマは釣りの時のヘッドライトについて。

エギングとかアジングとか、釣りって夜とか真っ暗な時にすることが多いですよね。

そうなるとやはり必要なのはライト。

しかも、手元が自由に使えることを考えるとヘッドライトですよね。

 

ヘッドライトも沢山の種類があるので、どれがいいのやら迷ってしまいますよね。

今日はフラッシュライトマニアでもある私が釣りに必要なヘッドライトとはどんなものか分析してみます。

(余談ですが。。。祖父が懐中電灯コレクターだったことから、私も小さいころからライトを集めはじめ、今でも数十本のライトが家にあります。フラッシュライトが大好きでたまりません(笑)停電になるとちょっとわくわくします。←不謹慎ですいません。)

 

釣りの時のヘッドライトに求められる性能は?

さて、釣りの時に使うヘッドライトに求められる性能(私が求めたい性能)は

 

①明るい

②調光機能がある

③経済的

 

です。一個一個解説していきます。

 

 

①なぜヘッドライトは明るいほうがいいか

当たり前ですが、明るいほうがいいです。

なぜなら、釣りの時は足場が不安定なところを歩いたりすることが多いからです。

光量が足りないと、危険です。

 

それに、光量が足りないと、魚やイカを夜に取り込むときに失敗しやすいということもあります。

以前に、友人が高さ5~6mほどの高さからイカを取り込もうとしていたんですが、ライトが暗かったらしくギャフをかけるのにかなり苦労していました。

結局、私のヘッドライトで照らしながら取り込むことに。彼はライトを買い換えました。

 

というわけで、安全面でも、ランディングのしやすさという面でも光量が多い物をおすすめします。

 

そこで、絶対に必要なのは、明るいLEDのチップを使っているかということです。

もちろん、日本のメーカーの物もいいですが、個人的には米国のCREE社のLEDが好みです。なんたって明るい!!ほんとに明るい!!

CREE社のLEDを使用しているものは結構売られています。でもいろんな種類があって迷うこともあるかもしれません。

迷ったときは、CREE XP‐G2、XML-2 U2 やU3、XML-T6(ちょっと古い型だけど。)のチップ使用のライトを選んでおけば間違いないです。

本当に明るいです。

 

 

②調光機能は絶対に必要

 

調光機能は絶対に必要だと感じています。

そのメリットはもちろん、いろんな場所で必要に応じた明るさにすることができるからです。

遠くを照らしたい時や移動するときは、最も明るい明るさで。

リーダーを結ぶときや、イカや魚に自分の存在を気づかれたくないときは最も暗い明るさに。。。と調整できるからです。

 

それに、大切な点として、調光機能があることで、バッテリーの温存をすることができるということもあります。

予備バッテリーがないなら、光をLOWにして、温存したりできるわけです。

 

 

③電池代は安いほうがいい。

 

何度も、何度も夜釣りで使うわけですから、できる限り電池代は安く済ませたいものです。

それで、バッテリー式、もしくはリチウムイオン電池使用のライトをおすすめします。

エネループ使用のライトなどでもいいのですが、電圧が高くないので、リチウムイオン使用のライトより暗いです。

 

 

 

このヘッドライトは思ってた以上に良かった!

 

というわけで、これらの条件を踏まえて、おススメのライトをご紹介します。

まず、私が使っているライトをご紹介します。

なるべく安く、いい物を探してこれに行きつきました。

↓↓これです!!

 

アマゾンはこちら↓↓

 

このライトは、安い上に、性能が結構いいんですよ。

ほんとは違うメーカーのものが欲しかったんですが、結構高くて断念。

安くていいのがないかなーって思って何時間も探し、これに行きつきました。

 

まず、明るい。CREEのXML‐T6を採用しているので本当に明るいです。

そして、調光もしっかりできる。強、弱、点滅の3モードです。

個人的には、強、中、弱、点滅があるといいなぁと思いましたがこれはこれで操作しやすいです。

 

そして、リチウムイオン電池、18650が使用可能。+600円払えば、18650が二つと充電ケーブルがついてきます。充電ケーブルを使えば本体を使って充電ができる!!

私は充電器を持っていたのですが、替えの電池が欲しかったのでこちらを注文。

そして、このライトには、単三電池で稼働するケースもついてくるんですよ。

災害の時などは、充電ができないので、18650などが使えない可能性があります。でも単三で稼働するのであれば、安心ですよね。災害の時は単三が一番手に入りやすいらしいので。

 

そして、このライトは、角度も調整できます。遠くを照らしたり、足元を照らしたり自在です。

しかも、ズームもできます。ズームって結構いいんですよ。海の中をピンポイントで照らしたりできますし、遠くをしっかりと照らしたいときなどに重宝します。

(個人的にはちょっとズームが固いかなと感じます。コツがいります。)

 

防水性能も抜群。IPX6程あれば、ある程度の雨などは余裕でしょう。

 

しかもセンサー機能もついていて、オンにしておけば、手をかざすだけで点灯してくれます。かなりいいですよ。

 

そして軽い。軽くて扱いやすいです。同レベルのライトよりも軽く154gです。

 

というわけで、とりあえずヘッドライト欲しいなという方は、SQ-04R(このライトの品番?型番?)をお勧めします。

 

 

他のオススメヘッドライトはこちら

他にもオススメできるヘッドライトはこちら↓

 

LEDLENSERレッドレンザーのヘッドライトです。ドイツのメーカーです。日本ではジェントスを販売している会社が輸入しているはずです。

レッドレンザーは、ライトに装着するレンズの性能がとても良く、均一でムラのない光を作るのを得意としています。

世界中の消防、警察などでも使用される頼れるライトメーカーです。

ただ、ちょっと高い。。。お金に余裕があり、かつムラのないきれいな光を望まれるときは、こちらがいいかと思います。

 

 

そして、個人的に最も欲しいヘッドライトがこちら↓

Olight H2R NOVA というライト。

 

 

 

オーライトというアメリカの有名ライトメーカーです。

CREEのXHP50というかなり出力が高いLEDチップを使っています。ルーメン数も最大2300。

通常のフラッシュライトにも使用でき、ヘッドライトにも使用できるという優れもの。

防水もIPX8等級。水に落ちても大丈夫です。

切り替えは5段階。最も小さな光は1ルーメン。これはいいですよね。1ルーメンくらいだったら、安全のために夜釣り中ずっとつけててもいいですしね。災害の時とかも役立ちそう。1ルーメンだと45日間点灯できるそうです(笑)

 

 

すごいですよね。高いけど、これが欲しい。。。。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-エギング, ルアー釣り

Copyright© つりいろ-つりIRO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.