エギング・ジギング・シーバス・釣りのこといろいろ釣り一色

つりいろ-つりIRO

アウトドア ルアー釣り 未分類

釣り用の錆びないナイフは簡単に作れる!コスパも高し

更新日:

このブログの人気記事はこちら↓↓

魚の内臓の臭い処理にはこれがおすすめ?!生ごみの処理ミスで家が大変なことになった話
(我が家で起きた最悪の事件(夫婦げんかの原因))

メタルジグのケイムラ塗装はやっぱり効果あるよ。曇りの日は効果絶大なり
(お腹すいたら何でも食べる)

Yamashitaのエギイベントに行ってみたら思い出に残る景品が当たった‐釣具のポイントにて。
(今でも大切にしてます。本当です)

デュエルのバレットブルで釣果が期待できる件
(なぜか人気の記事・・・もしやグランダー武蔵ネタが・・・バレットブルのカスタムも)

釣りビジョンは無料?釣りビジョンVODがオススメな理由9つを熱く語る!
(釣りビジョン倶楽部(VOD)はいろんな番組があり面白いのでほんとにオススメ。)

ーーーーーーー

 

こんにちは。まことです。

前半は、あんまり関係のない話なので、

興味のない方は飛ばしてください!!

 

 

 

釣りに行って、魚が釣れるとアドレナリンが出て踊りたくなりますよね?

 

私は、釣れたらいつも、踊りたくなります!(本当です)

 

以前、青物釣れて、人がいない堤防でフラダンス??してたら、、、いつの間にか後ろに人がっ・・・・

 

っていう話は置いておいて。

 

釣れたら魚を新鮮な状態で持ち帰るために、ナイフですぐに絞めて血抜きやワタを出します。

私は、魚種によっては即血抜きをして、なるべく早く頭を切り落とし、ワタを出します。

なぜかというと、内臓から温度が上昇していくからと聞いたことがあるからです。

そして、頭を即落とした魚ほど、刺身が美味しいです。

 

あまりに重要なのでもう一度いいますが、 頭をできる限り即落とした魚ほど刺身が美味しいです!!!

それから、キンキンに冷やして持ち帰ります。

新鮮な状態でもち帰ってきたら、すぐに捌きます。

 

そして刺身醤油とワサビで食べます。
(わさびはくら寿司の冷凍わさびが半端なく美味しいのでオススメ。くら寿司にいってカウンターで「わさびを買いたいです」っていうともってきてくれます。いくつか買いだめしてます。レジに並んでる人たちの「え??こいつレジでワサビ頼むの?マジで?」という表情に耐えながら買ってます!!!それほど美味しいということです。)

 

それはさておき、新鮮な魚の刺身は絶品ですよね〜
美味しすぎて踊りたくなります。(もういいって・・ってツッコまないで。)

 

 

 

 

 

で、ここからが本題!!!

 

[st_af id=""]

 

さてさて、道具を洗おうと お気に入りのナイフを見てみると・・・・

 

ナ、、、、ナイフに・・・・・・サビ・・・・サビがああああっっっ!!!!!!!

 

な、、、なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーあああ!!!!!!!的な。

 

(世代じゃないので、このネタは僕自身、あんましわからないんだけど。。。)

 

 

え・・・・・・もう錆びてんの・・・・???
なんで・・・買ったばっかじゃん!!!????

 

ってなったことが何回もあるわけです。

 

 

みなさんも 

 

な、なんじゃこりゃーーーーーあああ!!! っていうことがありませんか???

 

 

どうしても錆びてしまうのがナイフというものだ

私はこれまで、お気に入りのナイフを何本も錆びさせてしまいました。

使って、洗わなかったことはありません。その日中に必ず洗います。

 

でも、それにもかかわらず、、、というか洗う時にはもう時すでに遅し・・・サビているのです(泣)

 

なぜかというと、、海水は鉄を錆びやすくさせるからです。

 

詳しくは記載をしませんが、(というか詳しくはわからないのだが。)、

 

サビは水分によって生じるわけですが、塩があることで、よりサビが起きやすくなるのです!!(ドヤッ!!)

 

そして、たとえ、ステンレスでも、、、錆びないわけではないのです。あくまでも錆びづらい・・・というだけで。

 

なので、、お気に入りのナイフを釣りで使うのであれば、サビは覚悟しなければなりません。。

それが、、刃物・・・・ナイフの宿命なのです。

ナイフにとって、、海水は、、天敵なのです。。。

 

まるで、漫画の●ンピースで、なんとかの実を食べた人たちが海水(海)が苦手なのと同じ。(わかりづらっ)

 

 

でも、、そんなナイフをサビから守る方法があるんです!!!

サビから守るいろんな方法があったりするわけですが、今回はコスパ高い!オススメなサビを防ぐ方法をお伝えします。

 

 

もう錆びさせない!手軽にできる防錆方法

サビ防止の方法はいろいろあります。

オイルを塗ったりする方法もあるようです。

ただ、そのオイルが高かったり、ベタベタしたりとデメリットもあるようです。

 

ある方が、「シリコンオイル」を塗っておくといいと勧めておられました。

そうすることで、水をはじき、錆を防止するとのこと。

 

だかしかし・・・シリコンオイルは。。。。なんか怖くない??

害とかありそうじゃない???と感じました。(あくまで私の感覚ですが・・・)

 

魚を絞める時にしか使わないのであれば、シリコンオイルくらい大丈夫だろう・・・・と思いたいのですが、やはりなんか気持ちがね。。。。

 

そこで、気づいた!

 

食べ物にかかっても大丈夫なほど安全なシリコンスプレーってあるんじゃね? と。

 

そんなものなんて、あるわけな・・・・・・

 

それが、あるんです!お嬢さん!

 

それがっ、、、これだっ!!!!!!!

 

 

フードシリコンスプレーでサビを防止!!

 

そうです、フードシリコンスプレーです。

これは、何かっていうと、

 

食品を加工する機械には潤滑油が必要なわけですが、食品にかかると危険なものは使用することができません。

安全が保証された潤滑油でないと使えないわけです。

フードシリコンスプレーは、そういった用途に使うことができる安全なスプレーなのです!!

 

なので、釣り用に使うナイフのコーティングにはピッタリと言えます!!

 

サビ防止のための使用方法は?

1・まず、これをナイフに吹き付けます!!

2:そして、しばらく経ってから、布で余分な油分?を拭き取ります。

3:これでもうあなたはナイフをサビから守りました。

 

あとは、定期的に吹き付けてあげるだけで、OKです。

もちろん、吹き付ける前に、よく洗って汚れ等を落としてから吹き付けてくださいね。

 

これって、非常にコスパいいと思いませんか?

1回でスプレーする量はほんの少しです。もう何十回も使っていますが、まだまだ残っています。

それで、1本600円ほど。(2022年10月5日現在)

 

めっちゃコスパいいサビ防止方法なのです!

 

 

 

フードシリコンスプレーの防錆の効果は?

 

かなりいいです!!

ナイフをかってから、最初は何もコーティングしなかったら、先端とか少し錆びてしまいました。

でもその後、慌てて防サビ方法を探し、フードシリコンスプレーを塗ったところ、何回つかっても錆びなくなりました!!

なるべく釣りで使ったその都度、よく洗って、スプレーするようにしています。

 

ナイフを何回も使用した後に、水洗いした後の画像↓↓

(錆びた先端や背の部分はスプレーを塗る前のサビです)

 

綺麗なままを維持することができました!!!

いまでもずっと使っています。サボると錆びてきたりするので要注意ですけどね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アウトドア, ルアー釣り, 未分類

Copyright© つりいろ-つりIRO , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.