エギング・ジギング・シーバス・釣りのこといろいろ釣り一色

つりいろ-つりIRO

ジギング ルアー釣り

デュエルのバレットブルで釣果が期待できる件

更新日:

このブログの人気記事はこちら↓↓

魚の内臓の臭い処理にはこれがおすすめ?!生ごみの処理ミスで家が大変なことになった話
(我が家で起きた最悪の事件(夫婦げんかの原因))

メタルジグのケイムラ塗装はやっぱり効果あるよ。曇りの日は効果絶大なり
(お腹すいたら何でも食べる)

Yamashitaのエギイベントに行ってみたら思い出に残る景品が当たった‐釣具のポイントにて。
(今でも大切にしてます。本当です)

釣りビジョンは無料?釣りビジョンVODがオススメな理由9つを熱く語る!
(釣りビジョン倶楽部(VOD)はいろんな番組があり面白いのでほんとにオススメ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デュエルのモンスターショットに関してはこちら↓

モンスターショットの使い方とオススメのカスタムの件!10キロオーバーのブリもゲット!

 

2022年9月29日追記 最後のほうで、使い方と実釣してきた中で感じたカスタム方法を追記でご紹介します!!

 

 

 

こんにちは。

最近、トップウォーターにハマりつつある まこと です。

先日、DUELさんから新作ポッパー「バレットブル(BULLET BULL)」が発売されましたね!

 

おおお!これはなんだか凄そうだぞ!! ってことで 早速購入し試してきました!

インプレをお伝えします。

 

DUELのバレットブルについて

 

バレットブルはデュエルより発売された新型のポッパーになります。

特徴としては以下の通り↓↓

最大飛距離90mオーバー!
青物用ぶっ飛びポッパー
次世代重心移動システム「マグバレット(マグネットバレットウェイトトランスファーシステム)International Patent P.」搭載
魚がルアーを認識しやすい水平姿勢でフッキング率アップ
大口径カップとボトルネック形状による短距離ハイアピールアクション

出典:http://www.duel.co.jp/products/hc_bullet_bull

 

サイズは2種類です。

130mmのモデル(重さは50g)

160mmのモデル(重さは80g)

 


これから、オススメポイントと、個人的に気になった点についてお伝えします。

 

オススメポイント1:飛距離が出る!!

次世代重心移動システムのマグバレットを搭載しているだけあって、めちゃめちゃ飛びます。

もう一度言います、 まじで飛びます!!

 

ポッパーって基本的にあまり飛ばないですよね。。ボディが大きいですし、で空気抵抗があるからでしょう。

向い風とかある時は、本当に飛ばないですよね 泣

 

飛ばないから、ジグに変更・・・なんてこともあるかもしれません。

 

でも、バレットブルは飛びます。びっくりしました。
このポッパー、翼生えてんのか! ってな感じに。←それは言い過ぎか。

これまで何種類かポッパー使ってきたことあるんですがもうダントツで飛びました。

公称値飛距離MAX90mは嘘ではないですね。

(残念ながら私の技術では90m飛ばすのは難しいですが 泣、とにかく飛びます。)

この飛距離は大きな武器になること間違いなしです。

 

 

オススメポイント2:アクションがめちゃめちゃしやすい!

 

この点が一番私が気に入った点です。

 

ポッパーって意外とアクション難しくないですか??

 

え?そんなことない?・・・・・

 

私にとってはポッパーを動かすのって難しくて・・・泣

 

バス用のポッパーとかチヌ用のポッパーって使いやすいんだけど、

どうも青物用のポッパーでアクションが難しく感じるんですよね。。

 

ロッドを強く動かすと、大きな水しぶきは出るけど、、水面から飛び出てしまったり暴れてしまう。。。

ロッドを優しく動かすと、ポップしないし、水しぶきも上がらない。。

・・・・・・だ、だめだ私のポッパーの動かし方では 釣れる気がしない(泣)

・・・ とモンスターショットとかに変えていました。

モンスターショットに関しては↓↓

モンスターショットで念願のブリ!釣れたのはやはりあのカラーだっ!!

 

 

ロッドの絶妙な動かし方が苦手でなかなかうまくアクションできずに悩んでいました。

最近は、だいぶ動かせるようになってきたんですけどね。。。

 

でも、とある堤防でカツオが釣れまくった時があるんですが、その時はトップにしか反応がなかったんです。

釣れてた人たちは皆トップでヒットしてました。

 

それで、私も苦手なポッパーで挑んだんです!!

苦手だけれども、そうも言ってられない状況なのでポッパーを信じてキャストしました!!!

 

行けーーー!!ポッパー!!!!!!!!(グランダー武●的な。)

※懐かしいなグラ●ダー武蔵。結構好きだったなぁ。アングラがキャストしてるというより、ルアー自ら飛んでいくような感じのキャストは面白すぎた。

 

そして、苦手ながらもポッピングアクションをし続けると、ポッパーにチェイス!!!!!

 

来る!!奴が来る!!!!ドクン ドクン!!!

 

高鳴る心臓、揺れる水面!!!

 

感じるぜ!水の中が見える!!!奴が来る!!!!

(グランダー武●のように水の中が見えるイメージwww 最近、中二病になりつつある。。)

 

 

 

大きなしぶきが上がる!!!! 

 

 

しかし、1回目のバイトはのらない!!!

 

諦めずに アクションをし続ける!!!

 

 

来る!!!!次こそ!!!!

 

と、思った瞬間!!!

肝心なところで

 

 

 

 

 

ポッパー、飛んでしまう。。。

 

 

 

 

水面から浮いて水面を飛んで移動してしまう。。。。

 

 

 

 

 

ポッパー 翼を授かる (Red Bull的な。)orz

(翼を授ける。。。か。どっちでもいいんだけど。)

 

 

その後、カツオはお隣のポッパーにアタックし、見事お隣さんが釣り上げる。。。。。

さらに別のお隣さんのトップにもヒット。。。。。

 

という悲しい経験をしました。

 

 

それで、もっとうまく動かせるポッパーを探して、試したりしてたのです。

 

 

 

そんな私にとって、バレットブルはめちゃめちゃ良かった!!

 

 

バレットブルは、

どんなアクションでも水をしっかり噛んでくれます!

口が大きいので、水をしっかり噛んで、水しぶきを上げてくれます。

 

弱く動かしてもポップしてくれます。

私のようなトップが苦手な人でも簡単にポップアクションができます!!

 

強く動かせば、めちゃめちゃ大きな水しぶきを上げてくれます!

 

こりゃ魚は放っておかないだろうな。

「今度こそ、お魚さんゲットだぜ!!!!!」(ポケ●ンのサトシ風)的な気持ちになりました。

 

それにマグバレットのおかげで、動かし始めたら重心が前に行くので

浮き上がったり、水面から飛び出たりしにくいです。

 

早く動かしても、ロッドワークを強くしすぎても、他のポッパーよりは水の中に留まってる気がします。

マグバレットさすがです。

 

 

オススメポイント3:ただ巻きで十分釣れそう

水をしっかり噛んでくれるので、ただ巻きでも十分釣れそうです。

 

ただ巻きすると、時々水しぶきを上げつつ、水面を空気の泡をたくさん身にまといながら泳いでくれます。

 

水面を逃げ惑う魚そのものです。空気の泡を見にまとうのは魚を寄せるのにかなり効果があると以前聞いたことがあります。

 

ただ巻き、高速巻きで十分魚を寄せることのできるルアーだと感じています。

 

オススメポイントは今のところ、この3つです。2と3はほぼ一緒のような感じですけどね。

次に気になった点をお伝えします。

 

気になった点1:巻き抵抗がある

 

そりゃそうですよね。。

あれだけ口が大きくて、水噛みが良いのだから、巻き抵抗は強いです。

ただ巻きで使う時も少し疲れます。

どこのメーカーのポッパーだったか忘れましたが、口の横とかに水が逃げる穴とか空いてたらより巻き抵抗が軽いポッパーになるのかなと思いました。

 

とはいえ、あれだけ良いアクションと水しぶきを上げてくれるので巻き抵抗はあまり気にならないかと思います。

 

 

 

気になった点2:もう少し小さいサイズも欲しい

気になった点というほどでもないんですが、2つのサイズで現在発売されています。

130mmのモデル(重さは50g)と、160mmのモデル(重さは80g)です。

 

130mmを今回購入して使ってみたんですが、今の時期はとても良いですが、100mm前後のサイズもあると良いなと思いました。

モンスターショットも80mmや110mmなどのいろんなサイズが出他ので、今後のサイズ展開にも期待です。

 

 

ここからが2022/09/29の追記分になります。

バレットブルの使い方について

バレットブルをずっと使ってきて感じた使い方についてご紹介します。

 

バレットブルは、同サイズの他のポッパーと比べて口が大きく設計されています。それで、初心者でも扱いやすいポッパーになっています。

とはいえ、口が大きいので、引き抵抗も強いので、ショートポッピングがメインのポッパーになるかと思います。

それで、短めにポッピングさせていくの繰り返していくのがベストかと思います。その際に私が意識しているのは3つの点です。

 

1:必ず食わせの間を取る

これはどのポッパーにも言えることですが、ポッピングさせた後にかならず食わせの間を取ります。

 

ナブラが起きている時などは焦ってしまって連続でポッピングさせてしまいたくなりますが、

必ず一瞬止めて、食わせの間を作ることが重要です!!

(この時に見切られるのでは?という不安がある方は、この後カスタムをお伝えします!)

 

2:ポッピングのスピードを変える

ある一定のテンポでポッピングさせてきますが、早めのテンポであったり、かなりゆっくりのテンポであったりスピードを変えながらポッピングするようにしています。

基本的にはゆっくりめのスピードでしていますが、ユーチューブを見ているとかなり早いテンポでポッピングしておられる方もいて勉強になります。

 

3:ポッピングの強さを変えて使い分ける

私は何がベイトになっているかでポッピングの強さを変えるようにしています。

20センチ近くの大型の魚がベイトになっている場合は、その魚が小魚を捕食していることをイメージして、かなり強めにポッピングします。

そうすると、バレットブルの場合は非常に大きな水しぶきをあげてくれます。これがバレットブルの良さですね〜〜

 

しらすベイトのような小さなベイトを捕食している時は、少し弱めにポッピングすることを意識しています。

 

そうすることで、シラスベイトたちが水面で逃げ惑う様子やプランクトンを捕食してサワサワなっている場面を演出するようにしています。

 

バレットブルは通常のポッパーよりも水噛みがいいため、アクションには要注意です。

この使い分けが非常に重要だなーと思っています。

 

ある時、シラスベイトやキビナゴなどを捕食しているような場面で非常に大きなポッピングをしていたんですが、バレットブルの周りをウロウロしてアタックしてきませんでした。。。泣

 

どうしてかなと思ったんですが、魚の気持ちになって考えてみると

青物さん:「めっちゃ大きな音したからよってきたけど、、音もしぶきもデカすぎる・・・なんやコイツ、、、、怖い・・・」

って思ってたのかもしれません。笑

ポッピングで逃げることもありうるのかと学んだ瞬間でした。

 

 

バレットブルのオススメのカスタムについて

 

ある日のこと、堤防には10名近くが数メートル間隔で並んでいました。

そこに、青物の回遊がありました。その時のベイトはおそらくシラスなどの小魚。

一気に堤防の雰囲気が緊張します!

 

一人、また一人と、ロッドが曲がりドラグがなります!!

青物フィーバー到来です!!

 

そんな堤防の中で、、、明らかにキラキラ輝いてる人が!!!

(私目線ではめっちゃキラキラしてましたwwww)

その人だけ、バンバン青物を上げていきます!!!!

 

私もなんとか2匹つれたんですが、私や友人や周りの人が2〜4匹釣れた時間帯に、その方は10匹以上釣っていたんです。

「釣れすぎるんで、リリースします」っていってた。。。うらやま・・・し

 

その人は バレットブルを使い爆釣していました。

 

3m〜5mくらいの間隔をあけてルアーマンが立っていて、ポッパーを使っていたのに。。。。その人のバレットブルにだけ反応が良すぎる!!!

 

どうしてかと思い、、、聞いてみると・・・・

 

ブレードチューンをしておられました!!!!

 

なるほどと思い、その日は帰宅して、さっそく私もブレードチューン

そしてクリアカラーにケイムラチューン!!!

 

 

 

 

 

 

ポッパーのブレードチューンの効果は??

 

いやあーーー効果絶大でした。

別の時に、実際に使ってみると楽しすぎた!!!

隣の人もポッパー投げていましたが、私のバレットブルにアタリ連発!!!

バラシもありましたが、楽しむことができました!!

ベイトサイズが小さい時などにブレードチューンはかなり効果的かもしれません。

 

 

 

なぜポッパーにブレードカスタムは効果があるのか

 

ポッパーはポッピングさせた後に、泡をボディにまといます。

でもミノーなんかとは違い、ポッピングとポッピングとの間に間があります。そのときに、見切られやすくなる可能性も。

しかし、ブレードをつけているなら、止めた時にブレードが動いてくれます。青物からしたら動く小魚の群れに見えるのでしょう。

 

ぜひ、バレットブルにブレードチューンをしてみてくださいねー!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク

スポンサーリンク




-ジギング, ルアー釣り

Copyright© つりいろ-つりIRO , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.